みなさん人生の “ソナエ” していますか??

自分が亡くなった後、残された遺族に対して法定相続分通りに分けるのであれば遺言書などは必要ありません。
では、どうして遺言書が必要なのでしょうか・・・。

例えば、

● こどもがいない夫婦だけの場合

夫が亡くなった時に全財産が妻に相続されると勘違いされている方がいらっしゃいます。
遺言書を作成せず夫が亡くなってしまった場合は、夫の親(又は祖父母)が存命の場合は2/3、親(又は祖父母)がなく、夫の兄弟がいる場合は3/4が残された妻の相続財産となります。

● 相続人がいない おひとり様の場合

独身で親や兄弟姉妹(甥姪)など相続人がいない場合は残された財産は国に渡す事になります。
生前お世話になった方に遺贈する場合や団体に寄付する場合などは遺言書の作成が必要です。

● 二世帯住宅に住んでいる方の場合

息子や娘夫婦と二世代住宅に住んでいる場合で他に子供が何人かいる場合、他の兄弟から法定相続分を主張され、自宅を売却して財産分割せざる得ない状況になる事もあります。

● 先妻の子や後妻の子がいる場合

遺言書が無ければ、先妻の子と後妻の子は、相続分が同じになります。
どちらかに多く渡したい場合は、遺言書を作成しておかねばなりません。

● 内縁関係の方がいる場合

遺言書が無いと内縁関係の妻(夫)には、財産を相続する権利がありません。
内縁の妻(夫)に財産を残すには、遺言が必要です。

● 家業の後継者を指定したい場合(事業承継)

家業を行うための財産を、遺言によって家業を継ぐ相続人(子供など)に相続させることが指定できます。

などなど様々な場合に遺言書が必要となってきます。

 


遺言書には一般に

・自筆証書遺言 〉
・公正証書遺言   〉
・秘密証書遺言

があります。